成功の確率を上げる4つのメソッドとは?

成功している人と話すことで気付くこと。

 

成功している人は、

「成功を確信している」

ということです。

 

なぜ確信しているのでしょうか? 

 

今日はその理由と、「成功するためのメソッド」について

書いていきたいと思います。

 

成功している人は、成功哲学の原理原則、法則、教訓、金言、

事例などを暗記レベルで頭に入れ、潜在意識まで染み込ませる

という行動をしています。

 

そして。

成功するまであきらめない。

失敗というものはなくただそこにフィードバックが存在してい

るだけだと捉えることが重要なのです。

 

例えば、成功できない人は「失敗」をこう捉えます。

「やっぱり私には、向いてないのね。」

この捉え方が、挫折の原因となってしまうのです。

 

成功者は違います。

同じ結果でも、このように捉えます。

 

「最初は、何でもうまくいかないことが普通。

そのうまくいかない感じを、筋トレみたいにとらえて。

その積み重ねが、上達の道なんだ。」

 

成果が出るやり方で、目標達成するまでの行動を続けていく。

 

これだけです。

つまり、やる気さえあれば成功します。

やる気があるか、やる気がなくなるかの差は、フィードバックを

どう捉えるかです。

 

結果を「失敗」と捉えるか。

結果を「成功の兆し・成功に向かっている一工程」と捉えるか。

 

いちいち「失敗」と捉えると、そのたびにテンションが下がります。

テンションが下がるとどうなるか。

行動の質も量も下がります。

そして、結果が悪くなるという悪循環を生んでしまいます。

 

 

こういった悪循環を断ち切るために、成功哲学を頭に叩き込み、

潜在意識にしみ渡らせる。

 

成功するのが当然であると。

目標設定に確固たる自信を持ち。

そのゴールが正しいことを確信する。

 

ゴールも途中の道も、実際に「見えている」かのように振る舞います。

 

そして、成功の確率を上げるためには、大事な要素があります。

それが以下の4つです。

 

心理テクニック(人間心理)

モチベーションコントロール自己啓発

マインドセット成功哲学

結果が出ている実証済みノウハウ

この4つが、成功するために必要な要素となります。

 

 

分厚い自己啓発書を読みこむ時間を割くのは、現代人にはなかな

今週のお題「晴れたらやりたいこと

か厳しいものです。

その時間を短縮できる、成功哲学のプログラムも数多く出てます。

ただ、数十万のものもあれば、100万円以上のものあります。

全部揃えると、いったいいくらになるのやら・・・。

 

でも、このような成功哲学をオールインワンで提供しているコンテ

ンツもあります。

私も学んでいます。

 

成功に向かうなら、こういった成功哲学をオールインワンで揃ってい

るものを活用しましょう!