成功のために、GEOモデルを活用してみましょう!

あなたが成功を願うなら、「GEOモデル」の活用をお勧めします。

今日は、そんなお話を書いていこうと思います。

 

●GEOとは?

目標を達成するための3要素の頭文字を取ったネーミング

G=goal(ゴール・目標)

E=evidence(証拠)

O=operation(オペレーション)

 

ゴールを設定し、ゴールした状態をイメージトレーニングのに近いです。

そして、ゴールと現状の差を埋めるリソースを見つけて、埋める行動を取り、実際にゴールするという考え方を「GEO」といいます。

 

ゴールを設定すること。

エビデンス(証拠)として目標達成の状況をイメージすること。

目標設定とは、現状とゴールの差を埋めること

 

それぞれに、次のような効果があります。

 

●目標を明確にすることで、目標達成に焦点があたります。

焦点が当たると、人の脳の検索能力が発揮されます。

例えば、ある車が欲しくなったら、その車種ばかりが目に飛び込むようになります。

目標を明確にすることで、達成に必要なものを脳が検索し始めたため、このようなことが起こります。

 

つまり、「自分の成功」について焦点を当てれば、そのために必要なものを脳が検索し始めるというわけです。

 

●五感で目標達成したところをイメージすることで、「達成することが当然である」と、自己暗示がかかり、そういったセルフイメージになりやすいのです。

イメージすることで、前回お話したニューロロジカルレベルの上位概念が書く変するので、成功しやすくなると言えます。

 

●現状とゴールを視覚化し、イメージし、「その差を埋める作業」が目標達成になると意識することで、目標達成は可能であると感じられます。

 

いきなり大きな目標に対し人間は、「そんなのは無理だ」と邁進することに強い抵抗を感じるでしょう。

大きな目標の場合は、中間目標や、さらに小さな経過典の小目標まで、GEOモデルで細分化することで、実現可能であることを強く感じることができます。

 

問題解決とは、あるべき理想の状態(ゴール)と現状の差を解消することです。

目標達成とは、現状とゴールとの差を埋めることです。

その差が埋まるまで、リソースを積み重ねる作業に過ぎないのです。

 

成功とは、成功するまでの作業を継続すること。

そして、そういった「できて当然」の行動の積み重ねでもあります。

 

達成できそうもない目標では、一歩も進みません。

進まなければ、成功に近づくこともありません。

 

GEOモデルを利用して、「達成可能である」という意識を視覚化し、自分でもできそうだと思う目標から達成していきましょう。

そして、それを積み重ねていくだけです。

 

人は「自分でもできそう」と思ったときに、一歩前に踏み出しやすいのです。

 

成功のために、ぜひGEOモデルを活用してみましょう!!