成功者からはいろいろ学べる

先週のことですが、仕事の関係でいろいろな会社の社長さんとお話する機会がありました。

 

業種は様々、人柄も様々でしたが、「やはり会社を背負っている人は違うな~」という実感をした数日でした。

 

もちろん、みなさん今の成功を収めるまでにはいろいろ苦労もあったそうです。

その話の中で、一つ興味深いものがありました。

 

「自分を好きになったら、そこからいい風が流れ込んできたんだよね」

 

その社長さんは、昔から自分のことが好きじゃかなったそうです。

でも、ある本に出会って、人生が変わったとおっしゃってました。

 

社長さんの人生を変えた本

 

 

成功哲学の本を読んで成功した人が、目の前にいる・・・

 

そう思いました。

 

その社長さんは、本を読んで考え方が変わり、自分を好きになることで、今の人生を手に入れることができたとお話してくれました。

 

自分を好きになれない・ネガティブな考え方ばかりだと、やはり何も上手くいかない。

だから、自分のことも好きになり、ネガティブな言葉や思考はできるかぎり持たないようにしているとのことでした。

 

そして、ちょっと驚いたのが、

「”頑張る”という言葉を使わないようにしている」

という言葉でした。

 

「頑張る」という言葉は、力が湧いてくる言葉でもありますが、「頑張ったのにできなかった」という結果が残ると、それだけで一気にマイナスの気になってしまうということで。

 

まさに先週の私はその状態でした。

「あんなに頑張ったのに、今日は仕事を終わらせることができなかった」

そんな気持ちが毎日続いたので、仕事に行くのもウンザリになっちゃうくらいでしたね(笑)

でも、自己啓発の勉強だけは移動中にカーオーディオで流したりして、毎日続けていました。

自分にはできると信じて。

 

そんな時に、その社長さんとの出会いがあったわけでして。

ピンチを乗り越えるための巡りあわせだと思いました。

 

 

ちなみに社長さんは、

「ベストを尽くす」

という言葉を選んで使うそうです。

 

それだけで、自分を否定することもなくなるし、前向きに次も挑んでいける。

 

いい言葉ですね、「ベストを尽くす」

その言葉を聞いたのは、追い込まれた最終日だったので、なんだか手を差し伸べられた気分でした。

 

NLPを学び初めてから、大きな仕事が舞い込んできて、

「考え方を変えるだけで、こんなに効果があるんだ~」

という実感をしていました。

本当に、びっくりするくらい効果があったので。

 

でも、一気に大きな風が舞い込み過ぎて、処理能力が追い付かず。

なんせ初の業務だったので、調べながら直しながら先輩に聞きながらで、思うように進まない(笑)。

でも、こんな風に追い詰められても、どこかで切りかえすチャンスが来るんだということも、身を持って感じました。

 

「頑張る」という言葉は嫌いじゃないです。

でも、自分を追い詰めることもあるんだなということを、社長さんから学びました。

だから使い分けていこうかな(笑)

 

それにしても。

考え方や言葉遣いを変えることで、こんなにいろいろなことを実感できるなんて。

NLPを勉強して良かったと思っています。

 

ちなみに・・・

私はもともと本業を辞めたくて、在宅ビジネスの情報を探していた時に、

イイ収入ガ ガイド 

に出会いました。

 

仕事を辞めて在宅で成功するために登録させていただいたんですが、本業のほうにも効果が出ました。

 

とりあえずは行動しないと何も始まらないということも実感してます。

まずは無料請求してみてはいかがでしょう?

 

成功ノウハウの勉強は楽しいですよ♪

そして、その効果が出ると、きっともっと人生は楽しくなります。

本当に、成功した人からの学びは大きい。

それを実感できたことが、先週の私の一番の学びです。

 

 

 

 

 

成功地図を手に入れること

自分が成功するために、自分に肯定的な宣言をしましょう。

否定形の文章ではなく。

自分自身に肯定的な宣言を。

 

元気が出るような言葉や文章。

やる気が出て、成功に向けて一つの行動を取らせるような言葉。

 

例えば。

成功に役立つ言葉・文章・宣言文・アファメーション・催眠スプリクト・名言格言・メタファー・成功者の演説原稿・成功者の口癖・読み物・オーディオコンテンツなど。

 

たくさんのものに触れて、自分にエネルギーがわくような言葉に出会って。

それをそのまま使ってもいいし、自分で作り上げてもいいし。

 

それを紙に書いて、目に触れるところに貼ったり持ち歩いたり。

そうして、毎日一回でも多く成功に役立つ言葉に触れていきます。 

それが自分自身にとっての成功スプリクト・成功の呪文になります。

 

 

自己啓発の分野で、よく言われていることがあります。

 

「人間は、意識や無意識を合わせると、一日に数万も思考している」

「人間は、一日に2000回~5万回も自分に質問をしている」

 

この思考や質問を通じて、内的対話が成されていることが多いです。

 

この、「内的対話」の質に目を向けてみましょう。

自分自身の内的対話で、どんな言い回しを使っているか。

 

例えば。

●成功を阻害する・成功に役立たない会話が、内定対話のほとんどを占めている人。

●成功に役立つ質問や会話が、内的対話の多くを占めている人。

 

どちらが成功する確率が高いと思いますか?

 

自分が成功するための脳内会議を1年365日行い。

それを何年もやっていれば、当然成功の確率は上がり続けます。

 

この脳内会議での、1日数万回の質問・数万回の思考というのは、24時間の中でかなりの時間を占めています。

その時間を成功に向けて有効活用するか、ムダに過ごしてしまうか。

結果の違いは明らかでしょう。

 

内的対話の内容は、その人のビリーフを反映していることがあります。

成功しないビリーフで内的対話を始める人。

成功するビリーフで内的対話を始める人。

もちろん、後者のほうが成功に近づく確率が高いと言えます。

 

成功ビリーフは、成功をよびこみます。

そして、自分のフィルターを成功者に変えていく事。

それによって、成功への道の地図を描いていく事。

そのために、成功哲学や、成功に関するものや人に触れていく事が大切です。

 

人は、現実を目の前にして、自分のフィルターを使い、そして自分なりの成功地図を描きます。

このフィルターの違いで、人それぞれ地図の違いができます。

「成功地図を持つ人」と、「成功地図を持たない人」との差は、この「自分のフィルター」の差ということもできます。

 

地図が間違っていると、目的地にたどり着くことができません。

また、地図の精度が悪ければ、目的地にたどり着くのは難しくなります。

 

つまり、地図が正しければ、目的地にたどり着くのは当然だといえます。

  

 

お金持ちへの道案内となる「成功地図」を手に入れること。

そして、そのために成功ビリーフを強化すること。

そのためには、自分の内定対話を成功に導くものにしていくこと。

 

もし今あなたの内的対話が。

「成功を阻害する・成功に役立たない会話が、内定対話のほとんどを占めている人」

になっているなら。

 

こう変えていきましょう。

「成功に役立つ質問や会話が、内的対話の多くを占めている人」

 

そして、成功への正しい地図を手に入れましょう!!

 

 

 

 

 

心のブレーキを外してみよう

お金持ちになって、成功しようとすることを邪魔するものがあります。

 

あなたの夢を否定する人には気をつけてください。

もしあなたが夢を否定されても、影響受けすぎない方法もあります。

 

自分の成功の足を引っ張るようなことを言われた時は、頭と心に収納するときに、サブモダリティ(従属要素)を変えておきましょう。

 

また成功の邪魔をするのは、過去から作り上げた自分の思い込みと言うこともあります。

 

人間は、過去の出来事から学ぶものです

 

例えば幼少期に、犬に対して怖い思いをして、苦手意識を持ったとします。

大人になり、小さなかわいい犬を見て、苦手だったけど触ってみたくなったとしても、体が硬直して、触る行動を阻害することがあります。

 

意識では、「犬を触りたい」と考えても、無意識では「犬は怖い動物だ」と関連付けてしまい、やっぱり触れないのです。

 

同じように意識では、お金持ちになりたいたくさん稼ぎたいと考えても、無意識では次のような思い込みが強く刻まれている場合があります。

 

お金持ちは嫌な人間に違いない

たくさんお金を稼ぐことに抵抗がある

利益を多く出す事は、はしたないことだ

 

このような葛藤が成功することを阻害します。

 

無意識のブレーキを踏みながら意識して。

意識してアクセルを踏み込む。

そして、いずれ疲れ果てて諦めてしまうのです。

 

無意識のパワーは強大です。

あきらめる原因の多くは、この無意識の強さにあるかもしれません。

 

それでは、成功するためにはどうすれば良いのでしょうか? 

 

答えは簡単です。

お金持ちのことやたくさん稼ぐことに対する、無意識にあるイメージやプログラムを変えることです。

 

本を読んだり、成功哲学のオーディオ教材を聴き込んだりすることで、「お金持ち」「たくさん稼ぐこと」への良いイメージに、たくさん触れる方法も有効だと思います。

 

例えばあなたが得る報酬は、あなたが与えたサービスに比例して増えますと考えてみましょう。

つまりたくさんお金を稼ぐと言う事は、それだけたくさんのサービスを提供したということです。

誰かのために、たくさん役立ったという証拠が、お金を稼いだということになります。

 

そのように考えれば、お金を稼ぐ=誰かの役に立つ素晴らしいことだと感じるのではないでしょうか?

 

成功哲学、成功物語、格言、名言、そういったものから力が湧いてくる言葉を見つけてみましょう。

いい言葉が見つかったら何度も書き出したり、何度も見たり読んだり、想像してみましょう。

 

言葉の力を利用して、あなたの心の中の無意識のブレーキを外してみましょう。

 

 

 

 

成功のために、GEOモデルを活用してみましょう!

あなたが成功を願うなら、「GEOモデル」の活用をお勧めします。

今日は、そんなお話を書いていこうと思います。

 

●GEOとは?

目標を達成するための3要素の頭文字を取ったネーミング

G=goal(ゴール・目標)

E=evidence(証拠)

O=operation(オペレーション)

 

ゴールを設定し、ゴールした状態をイメージトレーニングのに近いです。

そして、ゴールと現状の差を埋めるリソースを見つけて、埋める行動を取り、実際にゴールするという考え方を「GEO」といいます。

 

ゴールを設定すること。

エビデンス(証拠)として目標達成の状況をイメージすること。

目標設定とは、現状とゴールの差を埋めること

 

それぞれに、次のような効果があります。

 

●目標を明確にすることで、目標達成に焦点があたります。

焦点が当たると、人の脳の検索能力が発揮されます。

例えば、ある車が欲しくなったら、その車種ばかりが目に飛び込むようになります。

目標を明確にすることで、達成に必要なものを脳が検索し始めたため、このようなことが起こります。

 

つまり、「自分の成功」について焦点を当てれば、そのために必要なものを脳が検索し始めるというわけです。

 

●五感で目標達成したところをイメージすることで、「達成することが当然である」と、自己暗示がかかり、そういったセルフイメージになりやすいのです。

イメージすることで、前回お話したニューロロジカルレベルの上位概念が書く変するので、成功しやすくなると言えます。

 

●現状とゴールを視覚化し、イメージし、「その差を埋める作業」が目標達成になると意識することで、目標達成は可能であると感じられます。

 

いきなり大きな目標に対し人間は、「そんなのは無理だ」と邁進することに強い抵抗を感じるでしょう。

大きな目標の場合は、中間目標や、さらに小さな経過典の小目標まで、GEOモデルで細分化することで、実現可能であることを強く感じることができます。

 

問題解決とは、あるべき理想の状態(ゴール)と現状の差を解消することです。

目標達成とは、現状とゴールとの差を埋めることです。

その差が埋まるまで、リソースを積み重ねる作業に過ぎないのです。

 

成功とは、成功するまでの作業を継続すること。

そして、そういった「できて当然」の行動の積み重ねでもあります。

 

達成できそうもない目標では、一歩も進みません。

進まなければ、成功に近づくこともありません。

 

GEOモデルを利用して、「達成可能である」という意識を視覚化し、自分でもできそうだと思う目標から達成していきましょう。

そして、それを積み重ねていくだけです。

 

人は「自分でもできそう」と思ったときに、一歩前に踏み出しやすいのです。

 

成功のために、ぜひGEOモデルを活用してみましょう!!

 
 

スピード成功の道へ進める方法

あなたはこんな言葉を聞いたことありますか?

 

「ニューロロジカルレベル」

 

私は知りませんでした。

成功法則の勉強を始めてから知った言葉です。

 

今日はその、

「ニューロロジカルレベルの活用」

について書いていきます。

 

まず。

ニューロロジカルレベルという言葉を簡単に説明すると。

 

<ニューロ>

「神経の」「神経組織の」という意味。

解釈を広げると、神経回路網のような、学習や自己組織化の

機能を持っているという捉え方もできます。

 

<ロジカル>

「論理的」「論理にかなっている」という意味ですね。

 

<レベル>

「段階」という意味です。階層構造のイメージです。

 

直訳するとこんな感じですね。

 

 言葉自体は難しく感じますが、成功に役に立つものだと

いう捉え方でいいと思います。

ニューロロジカルレベルの簡単な活用法を知って、簡単な

行動をし始めれば、成功は自動であり、自然な結果であり、

当然ということです。

 

ニューロロジカルレベルは、今私が勉強しているNLP

いう成功のための学習の中の考え方の一つです。

 

この考え方は、5つの段階構造でできています。

アイデンティティレベル

●信念・価値観レベル

●能力レベル

●行動レベル

●環境レベル

 

アイデンティティレベル

「私は成功者だ。億万長者である。」

このように、疑うことなく思っています。

 

●信念・価値観レベル

「私は成功者なので、望む金額はいつでも手にできる。」

このような信念を持っています。

 

●能力レベル

「そのような人間であるから、当然見合った能力を有しています。」

もし、能力をまだ持っていない時は、その能力を手に入れるための行動を取り、そのような環境に当然身を置きます。

いずでにしても、望む金額を手にする能力を有します。

 

●行動レベル

欲しい金額・望む金額を手にする行動を、「当然のように」実行しています。

 

●環境レベル

能力を発揮し、行動して、望んだ金額を手にできる環境に身を置きます。

 

上記は上から順番に「上位概念」「下位概念」と考えて。

上位概念が下位概念に影響を与えるため、成功するのは当然・成功は自動化されているのです。

 

この考え方をつなげてみると・・・

 

私は成功者です。成功しているのが当然です。

私は成功者なので、望む金額はいつでも手に入れることができるという信念があります。

結果を出すための能力は身につけています。

なので、目標を達成するまで行動をするだけです。

成功は自動であり、当然、成功します。

そして、成功するための環境に身を置いています。

 

 

成功するための方法は様々ですが、ここでは、成功するためのニューロロジカルレベルの活用についてお話をさせていただきました。

 

こういった成功者のニューロロジカルレベルを参考にし、活用してみることで、成功へと進んでいくことができます。

 

アイデンティティや価値観に影響が出てくれは、自然と成功するための脳力を身につける行動を取るようになります。

そしてそのためには、成功するための環境に身を置くということが必要です。

 

成功者のいる場所、成功を目指す人のいる環境に身を置き、アイデンティティや価値観という上位概念を変革し、能力・行動・環境という下位概念に影響を与えていきましょう。

 

 

 

 

成功の確率を上げる4つのメソッドとは?

成功している人と話すことで気付くこと。

 

成功している人は、

「成功を確信している」

ということです。

 

なぜ確信しているのでしょうか? 

 

今日はその理由と、「成功するためのメソッド」について

書いていきたいと思います。

 

成功している人は、成功哲学の原理原則、法則、教訓、金言、

事例などを暗記レベルで頭に入れ、潜在意識まで染み込ませる

という行動をしています。

 

そして。

成功するまであきらめない。

失敗というものはなくただそこにフィードバックが存在してい

るだけだと捉えることが重要なのです。

 

例えば、成功できない人は「失敗」をこう捉えます。

「やっぱり私には、向いてないのね。」

この捉え方が、挫折の原因となってしまうのです。

 

成功者は違います。

同じ結果でも、このように捉えます。

 

「最初は、何でもうまくいかないことが普通。

そのうまくいかない感じを、筋トレみたいにとらえて。

その積み重ねが、上達の道なんだ。」

 

成果が出るやり方で、目標達成するまでの行動を続けていく。

 

これだけです。

つまり、やる気さえあれば成功します。

やる気があるか、やる気がなくなるかの差は、フィードバックを

どう捉えるかです。

 

結果を「失敗」と捉えるか。

結果を「成功の兆し・成功に向かっている一工程」と捉えるか。

 

いちいち「失敗」と捉えると、そのたびにテンションが下がります。

テンションが下がるとどうなるか。

行動の質も量も下がります。

そして、結果が悪くなるという悪循環を生んでしまいます。

 

 

こういった悪循環を断ち切るために、成功哲学を頭に叩き込み、

潜在意識にしみ渡らせる。

 

成功するのが当然であると。

目標設定に確固たる自信を持ち。

そのゴールが正しいことを確信する。

 

ゴールも途中の道も、実際に「見えている」かのように振る舞います。

 

そして、成功の確率を上げるためには、大事な要素があります。

それが以下の4つです。

 

心理テクニック(人間心理)

モチベーションコントロール自己啓発

マインドセット成功哲学

結果が出ている実証済みノウハウ

この4つが、成功するために必要な要素となります。

 

 

分厚い自己啓発書を読みこむ時間を割くのは、現代人にはなかな

今週のお題「晴れたらやりたいこと

か厳しいものです。

その時間を短縮できる、成功哲学のプログラムも数多く出てます。

ただ、数十万のものもあれば、100万円以上のものあります。

全部揃えると、いったいいくらになるのやら・・・。

 

でも、このような成功哲学をオールインワンで提供しているコンテ

ンツもあります。

私も学んでいます。

 

成功に向かうなら、こういった成功哲学をオールインワンで揃ってい

るものを活用しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの言葉には、あなたを成功させるパワーがある

こんにちわ。

今日は、「言葉のパワー」ついて書いていきたいと思います。

 

日本人ならご存知かと思いますが。

日本には、「言霊」という言葉がありますよね。

 

つまり。

言葉には、パワーがあります。

言葉は、成功させるためのパワーを持っています。

 

言葉により、イメージを想起します。

そして、それは無意識に影響を与えます。

 

成功に必要なプログラムを、言葉の力で「無意識」にインストールできます。

 

 

私が今、成功を目指して勉強をしているNLPは、神経言語プラグラミングの略です。

言語プラグラミングという通り、言葉についての研究という側面を持っています。

 

言語という入力で、頭や心にイメージが想起されます。

そのイメージが高ければ、リアルな感覚を感じることになります。

そして、それは「無意識」に影響を与えます。

 

例えば。

  

これは、言葉によって体が反応する一例です。

 

今、レモンを手にしていると想像してみましょう。

そのレモンを手の上で転がすと、皮がデコボコしているのを感じるでしょう。

 

そして、そのレモンをまないたの上でスライスします。

スライスしたレモンを口元に持っていきます。

そのみずみずしいレモンを食べてみて下さい。

 

いかかでしょう?

言葉の羅列によって、甘酸っぱくてみずみずしいレモンを想像するだけで、口の中に唾が広がると思います。

言葉の力が、今目の前にないものを見せて、聞かせて、感じさせているのです。

 

 

 

人は、言葉かけによって、イメージを想起する能力を有しています。

言葉の力で、「無意識」に成功プログラムをインストーすることで、加速成功につながるということです。

 

NLPでは、ボディ・ランゲージ、そして行動、発言、言葉の使い方、声の調子など、

ハーバルメッセージ(言語的メッセージ)とノンバーバルメッセージ(非言語的メッセージ)が同意して、同じ方向に向けられている状態を「一致」としています。

 

自分の言葉使いに気づいたり、自分の言葉使い以外のものにも気付くという感覚の鋭敏性を高めることが大切です。

 

 

NLPを勉強することで、成功に必要なプログラムを「無意識」にインストールしましょう!

そうすることで、自動的に成功に向かう感覚を感じ、成功は加速します。

 

言葉にはパワーがあります。

それを上手く活用して、成功を目指していきましょう!

今週のお題「家飲み」